ハウスの苗木

ハウスではブラックビート(黒色の早生)とシャインマスカット(緑色)を中心に育てる予定です。


f:id:nakashimato:20160415223103j:plain

4月9日 仮植えも含め、計17本植えました。

本当は3月中に植えるのがいいんですが、遅くなってしまいました。


f:id:nakashimato:20160415223153j:plain

潅水施設がまだないのでジョウロで水遣り、

黒マルチで保水しています。


f:id:nakashimato:20160415223317j:plain

一本だけリザマート植えてみました。

4月15日、無事育っています。


f:id:nakashimato:20160519124904j:plain

4月28日


f:id:nakashimato:20160519124948j:plain

5月6日


f:id:nakashimato:20160520161500j:plain

5月19日  

リザマート一回目の摘芯をしました。

その横から、去年作ったズッキーニの種が落ちていたようで、勝手に生えてきました。ラッキーです。


f:id:nakashimato:20160520135403j:plain

ブラックビートももう直ぐ摘芯です。


今年の春は風が強く、露地では何本も新梢が折れて無茶苦茶になってしまいましたが、ハウスの中は平穏無事です。ハウスの可能性を感じます。


ちなみに4月に2回、5月に1回ジョウロで水やりしただけで、なんとかもっています。




ぶどうで太陽熱処理

痩せてガチガチに硬い場所で太陽熱処理を試みたいと思います。


4月5日

雨が十分降った翌日に、EM活性液を希釈(約200倍)してたものに少量の糖蜜を混ぜ、約3aに600L散布しました。

これは発酵促進の為です。

f:id:nakashimato:20160412203839j:plain


焼き塩を希釈すると雑草が消えるらしいのですが、EMを培養した時に塩を入れているし、草はあっても構わないので今回は入れずにおきました。


f:id:nakashimato:20160412203926j:plain


幅6mの農ポリを伸ばして


f:id:nakashimato:20160412204254j:plain


端を石で固定しました。折り返して幅4m、長さ40mです。


果樹は根があるので普通、太陽熱処理は出来ないのですが、まだ定植一年の苗木なので直径1m位しか根は広がってないはずです。ビニールはぶどうの根本は避けています。


f:id:nakashimato:20160412205652j:plain


こんな風になりました。結露してビニールの中に手を入れると温かったです。


f:id:nakashimato:20160412205938j:plain

 

今日は風が強く、ビニールが煽られてしまいました。ライ麦がビニールを持ち上げているのも気になります。一瞬ビニールを外して、草刈をしようかな。と考えていましたが、、


f:id:nakashimato:20160414170149j:plain


14日、水を入れたペットボトルを置いてみました。


f:id:nakashimato:20160412210939j:plain

芽もふくらんできました。春ですね。


土がどう変化するのでしょうか。今後の経過を観察していきます。






ライ麦その後


f:id:nakashimato:20160412214826j:plain


3月16日の様子


f:id:nakashimato:20160412221351j:plain


4月12日 今は膝上まで成長しました。


f:id:nakashimato:20160412221526j:plain


スギナが一面に生えてきた場所もあります。これでも荒地から一段階、進化したようです。


f:id:nakashimato:20160414170442j:plain 


14日、キノコの大群も。


f:id:nakashimato:20160414170614j:plain


このキノコは食べれると人に言われたことがありますが、怖いので食べません。


f:id:nakashimato:20160412223537j:plain


ところで、上の写真は3月中旬ごろの様子で、石捨て場所に種が落ちて生えたライ麦です。深さ50、60cm石ばかり入っています。去年ユンボで掘った場所で、石の下の土は肥えているわけでもないのに周りより成長しています。これが意味することは非常に興味深いです。



ビニールハウス

ぶどうの棚を作っている間、業者さんによってハウスの建設が行われていました。

f:id:nakashimato:20160401225949j:plain

地中の石が邪魔して、パイプを刺すのには苦労している様子。

f:id:nakashimato:20160401225840j:plain

間口7.2m×50mのハウス2棟完成!


ハウスで何作るん?と周りから尋ねられます。ぶどう。と答えると、ぶどうをハウスで作るって事に馴染みがないのか大体リアクションが薄いです。


しかし、一部でハウス栽培をする事はぶどうで栽培面積を増やす場合に必要になってきます。それは露地栽培より早く取れるということで一時期に集中する作業(ジベ処理や、摘粒)が分散されるからです。


今は早く整地して苗木を植え付けないと、、春になって慌ただしくなってきました。


棚作り基本骨格完成

ぶどうの親方Kさんとそこの研修生O君のお陰で、棚作りがついに終わりました。


f:id:nakashimato:20160316192541j:plain


要領が解ってくると、作業が捗りどんどんスピードアップしていき、

結果、当初の予定よりだいぶ早く終えることが出来ました。

f:id:nakashimato:20160316192643j:plain


f:id:nakashimato:20160316193337j:plain


微妙な傾きを修正するなど、あとは1人で出来る作業を残すのみです。被覆取り付け線の付け方も教わりました。 


f:id:nakashimato:20160316225914j:plain

ハウス予定地整地

暖かいです。先日の続きです。


f:id:nakashimato:20160306093717j:plain


ハウス側面からの排水をスムーズにするため、畑の端の法面を崩してもらいました。


f:id:nakashimato:20160306093803j:plain


大量の石を埋めます。石拾いは身体に堪えます。


f:id:nakashimato:20160306093848j:plain


そんな中、ハウス部材も運ばれてきました。

いよいよですね。


f:id:nakashimato:20160306095104j:plain


ぶどう棚作り

苗木が大きくなったので、ぶどうの棚作りを始めます。

http://nakashimato.hatenablog.com/entry/2015/04/29/000000_1

の続きです。

今回も色んな方々に協力していただきました。


f:id:nakashimato:20160306090845j:plain

単管パイプ6mを大量に購入。

f:id:nakashimato:20160306090923j:plain


f:id:nakashimato:20160306091009j:plain

部品を畑に運び入れて


f:id:nakashimato:20160306091145j:plain


クランプとジョイントで繋ぎ合わせていきます。

1日でやく2割くらい出来ました。