中嶋農園のぶどう栽培

美味しいぶどうを作るためにやっている事を公開しています。

冬野菜

今年も木材チップでつくりました。

http://nakashimato.hatenablog.com/entry/2015/10/01/013638の畑です。

ぶどうに倣って、野菜ももちろん無肥料、無農薬です。

f:id:nakashimato:20160117195507j:plain 

植え付けが遅かったのため、生育はゆっくりでやっと葉が巻いてきました。植え付け後は地温上昇のため、不織布を被せたせいもありますが、、虫による食害は少なかったです。


f:id:nakashimato:20160117195551j:plain 

しかし特にキャベツの成長が遅いのは何故だろう…

f:id:nakashimato:20160117235542j:plain

左側がカブ、右側が大根。所々生えていない場所は発芽はしたのですが、枯れてしまいました。チップの投入量が多すぎて、土まで根が届かなかった様でした。


f:id:nakashimato:20160117223631j:plain


f:id:nakashimato:20160117223724j:plain

大根とかぶは特に満足いく出来栄え。

肌と葉が美しい。

f:id:nakashimato:20160117224102j:plain

無肥料で育てた場合、大根の葉は左右対称になると言われています。


かぶは他の野菜より、土の腐敗成分を取り込みやすく、土が悪い時はトコトン不味くなる性質があります。大根は冬の寒さにあたれば糖度があがり結構食べられるので、かぶ栽培の方が難易度は上。


冬野菜は楽でイイですね〜。