初収穫です

f:id:nakashimato:20170807134747j:plain

リザマートを収穫しました。


f:id:nakashimato:20170807134927j:plain 

無農薬の豊岡ぶどうです。


f:id:nakashimato:20170807134850j:plain

ピオーネも色が付き出しました。


f:id:nakashimato:20170807134819j:plain


次はブラックビートを収穫する予定です。



シャインマスカット

露地ではハウスに比べ土作りがまだまだです。


そんな露地でも木は成長してしていますが、

樹勢が強いシャインマスカットは今年3年目になり、実をたくさん付けてくれました。


ここでも、もちろん無農薬ですが、ある場所のシャインマスカットが、アレ?ちょっとおかしい?と思う事象が出てきました。



まず、うどん粉病

f:id:nakashimato:20170713210103j:plain

全滅とかではないですが、何粒かうどん粉病に感染してしまいました。


そして、木の状態ですが、予想以上に勢いがありすぎ、葉の緑色が濃いすぎるということです。




これらの意味するところは、肥料で成長してしまった。という事です。


原因は明渠に入れたそば殻 です。

正確に言えば、そば殻に残っていたそばの実のカスです。

それが肥料成分として働き根に吸収されてしまったと思われます。




f:id:nakashimato:20170713204556j:plain

( 玉張りがよいので見栄えはいい…)


f:id:nakashimato:20170713204512j:plain


f:id:nakashimato:20170713203303j:plain

( 葉が大きく濃い緑…。下に見えるのは明渠に入れたそば殻)


無農薬での栽培を可能にするには、肥料をやらないことです。


対策を考えないといけません。


ハウスのぶどう

今のところハウスでは順調に成長しています。

去年植えた苗木は、今年2年目で多くの実をつけました。しかし、全体的に実は小ぶりです。


f:id:nakashimato:20170713195632j:plain


まだ2年目なので養分は木を作る方に使われ、やはり期待したほど、ぶどうの粒は大きくなりませんが…


f:id:nakashimato:20170713195720j:plain


木の成長に勢いがあるので

中には玉張りがよく大粒になったものもあります。


f:id:nakashimato:20170713195815j:plain


1番大粒になったピオーネです。


f:id:nakashimato:20170713214012j:plain


リザマートは少し色が付いてきました。



農薬を使わずに、いい調子で成長しているようです。無事に収穫出来ますように!



ぶどう棚、その後

今年の強風&大雪で、棚が色々ありましたが…。


補強により、強化しました。


f:id:nakashimato:20170709120352j:plain

f:id:nakashimato:20170709120053j:plain       

f:id:nakashimato:20170709120124j:plain


あと、防風林も必要です。

早く植えます。


ハウス2年目

f:id:nakashimato:20170608230409j:plain

水のやり過ぎに注意して

小川から水を少し引っ張ってきています。


f:id:nakashimato:20170608225438j:plain


露地より先に収穫出来そうです。

二回目のジベ処理直前です。


農薬を使っていませんが、種無しにするためジベレリン(植物ホルモン)だけは使用してます。



f:id:nakashimato:20170608230903j:plain


シャインマスカットを育てるハウスにも、去年同様に太陽熱処理をしていきます。


露地での太陽熱処理 その後

約2ヶ月間、ビニールをかけていましたが、剥がすことにしました。

f:id:nakashimato:20160706222217j:plain


f:id:nakashimato:20160706222317j:plain

ビニールに穴が開いていて

水が流れ込んでいた場所もありました。

少し草が残っていますが、、

f:id:nakashimato:20160706222445j:plain


ガチガチだった土は格段に改善しました。



f:id:nakashimato:20160706222609j:plain

30、40cm は力を入れずスルスルと棒がはいります。

去年は、スギナも生えず、

まいたライ麦もほとんど育たなかった場所です。


何年か後に、この場所までぶどうの根が到達すれば成育が良くなるはず。と考えています。


f:id:nakashimato:20160706225909j:plain

f:id:nakashimato:20160706230348j:plain

太陽熱処理とは関係ないですが、最近圃場で粘菌らしきものがよく見られます。


f:id:nakashimato:20160706231500j:plain

写真の翌日に行くと様子が変わっていました。胞子を出すのでしょうか。

ビニールハウスで太陽熱処理

苗木を植えた場所を避けて

ビニールハウスでも太陽熱処理をしました。


草刈りをして、

糖蜜とEM活性液を少量混ぜた水を3〜4t散布して、透明ポリを被せました。

f:id:nakashimato:20160627231459j:plain

5月6日

f:id:nakashimato:20160627231553j:plain

5月7日


f:id:nakashimato:20160627231703j:plain

5月20日


f:id:nakashimato:20160627232258j:plain

f:id:nakashimato:20160627232341j:plain

f:id:nakashimato:20160629133404j:plain

5月27日


ビニールの中は高温で、水滴が熱湯のようです。

白い菌糸の塊もみられました。

土はふかふかで、サクサクです。

苗木の成長は概ね好調。


f:id:nakashimato:20160629131225j:plain

f:id:nakashimato:20160629131325j:plain

6月27日

端は雨が入ってくるので草がスゴイ。

大きくなり過ぎたブラックビートの脇芽が2本、根元から折れてしまいました。主枝候補だったのに残念。誘引を怠るとダメですね。


f:id:nakashimato:20160629131425j:plain

透明マルチに切り込みを入れて、遊びでトマトを植えてみました。

市販の接木した苗で、定植時に2回程水をやっただけで元気に育っています。


f:id:nakashimato:20160629132741j:plain

ブラックビートってこんなに葉っぱが大きくなるもんでしょうか。露地のやつと比べて特別デカいです。

無肥料で育った場合、葉はコンパクトで、色は薄くなるらしいです。光合成の効率が高まるため、植物は無駄な所に養分をまわさないからだと。


この場所は過去に豚糞と木材チップ、籾殻を大量に入れて、その後10年くらい何も入れずに、去年木材チップ、今年少量のボカシを入れただけです。

地下深くに肥料成分が残っていたのか、去年苗木屋さんで使われた肥料成分が効いているのか、、。

よくわかりませんが、病気もなく元気に育っているのでいいと思っています。